Linuxにウイルスソフトは必要なのか?

今回は「Linuxにウイルスソフトは必要なのか?」です。

結論から言えば不要です。

どうして不要かといえば

そもそもLinuxにウイルスが入るような行為がないためです。

windowsだと変なwebページからダウンロードしたインストールファイルを開いたりすればウイルスにかかりますが、Linuxだとそもそも変なwebページを見ないからです。

Linuxがウイルスがかかるとすればどこからか引っ張ってきたリポジトリなどをインストールしたらかかるかもしれませんがあまりないと思います。

まぁLinuxにもウイルス対策ソフトがあるのでウイルスを引っ張ってくる人はいるんでしょう。

Linuxのウイルス対策ソフトといえば

Clam AntiVirus

が有名だと思います。

yum install clamav clamav-server-systemd clamav-update clamav-scanner-systemd

でウイルス対策ソフトのインストールは完了するのであまり難しくはないと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

この記事が良かったら、シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です