almaos9を使ってみた!

今回は「almaos9を使ってみた!」です。

大体の変更点

  • openssl3.0
  • apache 2.4.51?
  • SSHのrootログイン時のパスワードではなく鍵認証(インストール設定で変えられる)
  • SELINUX=disabled がなくなった
  • TLS 1.2 以下は非サポート
  • exFATファイルシステムが使えるようになった

ぐらいですね。自分的には

almaos9のインストール

AlmaLinux ISOs links

You can find the list of available AlmaLinux architectures and versions below. Also you can use a BitTorrent file for downloading ISOs. It might be faster than direct downloading from the mirrors. A .torrent file can be found on all mirrors in the folder with ISO files.

からisoをダウンロードしてください。

ダウンロードしたらUSBなどでisoを書き込んでください。

biosでboot先をUSBに変えて画面通りにすれば多分インストールされます。

初期設定

SELINUXの無効化

grubby --update-kernel ALL --args selinux=0
reboot

基本のパッケージのダウンロード

dnf -y groupinstall base
dnf -y groupinstall development
dnf -y install epel-release

アップデート

dnf -y update

で完了です。

うーんと思ったところ

まだないパッケージがある

python3-certbot-apacheがあるのにpython3-certbot-nginxがない。(解決方法はエックスサーバーSSLを使用しています)

メールのウイルスチェックとかで必要になるmilter-managerがない。

curl -s https://packagecloud.io/install/repositories/milter-manager/repos/script.rpm.sh | bash

を実行してもなかった。

そんぐらいですかね

自分的にはpython3-certbot-nginxがないのはかなりきついです。

3か月ごとにエックスサーバーSSLで更新手続きが必要だからです。

almaos8には両方ともあります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

この記事が良かったら、シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です