lsphpをソースからコンパイル

今回は「lsphpをソースからコンパイル」です。

litespeedのwebコントロールパネルではなくsshを使用します。

phpのダウンロード

PHP: Downloads

The releases are tagged and signed in the PHP Git Repository.

から新しいphpを探してください。

2022/9/2のphpの最新バージョンはphp8.1.10なのでそれをダウンロードします。

wget https://www.php.net/distributions/php-8.1.10.tar.gz
tar xvzf php-8.1.10.tar.gz
rm -f php-8.1.10.tar.gz
cd php-8.1.10

これでインストールの準備が完了しました。

インストール設定

./buildconf
./configure '-prefix=/usr/local/lsws/lsphp8.1.10' '--with-mysqli' '--with-zlib' '--enable-gd' '--enable-gd-jis-conv' '--enable-shmop' '--enable-sockets' '--enable-sysvsem' '--enable-sysvshm' '--enable-mbstring' '--with-iconv' '--with-pdo-mysql' '--enable-ftp' '--with-curl' '--enable-soap' '--enable-xml' '--with-openssl' '--enable-bcmath' '--enable-exif' '--with-jpeg' '--with-freetype' '--with-gettext' '--with-bz2' '--enable-litespeed' '--enable-opcache' '--with-zip' '--with-xpm' '--with-ldap' '--enable-intl'

コンパイルします。

make testはしてもしなくてもいいです。

make
make test
make install

make testで

PASSとSKIPとERRORがでますがPASSとSKIPはスルーでいいですがERROR(FAIL)はスルーはしないほうがいいと思います。(自分はスルーしてるけど)

php.iniの作成

php.iniは作成されないので自分で作成します。

cd /usr/local/lsws/lsphp8.1.10
vim lib/php.ini
#php.iniに書き込むコード↓
mysqli.default_socket="/var/lib/mysql/mysql.sock"
expose_php = Off
post_max_size = 120M
upload_max_filesize = 120M
date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.language = Japanese
default_chaset = "UTF-8"
display_errors = Off

と書き込んでください。

litespeedの設定

litespeedのサーバー設定から外部アプリからCommandを変更してください。

lsphpをインストールしたphpバージョンに合わしてlitespeedを再起動したら反映されていると思います。

phpの確認(phpファイルを使用します)

vim php.php
<?php
phpinfo()
?>

と書き込みphp.phpにアクセスを行うとphp情報がでてきます。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

この記事が良かったら、シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です